日常生活を見直して健康な頭皮へ

違いは毛周期にあった!薄毛のメカニズム

頭髪は、髪の毛を作る「成長期」、髪の毛の成長が遅くなる「退行期」、髪の毛の成長が完全に止まる「休止期」の3つのサイクルを日々繰り返しています。このサイクルを「毛周期」といいます。大人の毛髪は平均10万本、多い人で15万本程度の髪の毛が生えています。1日におよそ50本~80本程度が抜け、ほぼ同量の髪の毛が新しく生えてきます。

通常、3つのサイクルが一巡するのに4~6年かかるのですが、薄毛の人は半年~1年程に短縮されます。その結果、髪の毛が正常に成長する前の段階で、退行期、休止期に入ってしまう為、髪の毛が少なく、細いまま抜けてしまうのです。薄毛の人の毛髪量は約5万本と正常な毛量の人の半分以下となります。
周期が乱れてしまう原因には加齢、遺伝がありますが、その他にも睡眠不足やストレスなども影響します。生活習慣に気をつけて正常なサイクルをキープするようにしましょう。

食生活と生活習慣で健やかな美髪へ

頭皮や髪の毛は外側からだけでなく、食生活にも影響を受けます。
様々な栄養素のなかで、意識して摂取したいのがビタミンです。特にビタミンB6には頭皮細胞の生まれ変わりを促進し、頭皮の環境を改善する効果があります。ビタミンB6が含まれる食品にはマグロ、納豆、レバー、アボカド等があります。効率的に摂取して美髪を目指しましょう。

また、頭皮や髪の毛に生活習慣も深く関わっています。睡眠は、成長ホルモンの分泌を促して髪の毛の成長を促進するため、頭皮にとっても非常に重要です。睡眠時間が短い人や眠りが浅い人は生活環境を見直しましょう。
その他、煙草は頭皮にとって悪影響です。喫煙はコラーゲンを作り出すビタミンCを破壊してしまい、髪の毛にとって大切な栄養が行き届かなくなってしまうため、栄養不足になりパサつきや薄毛の原因となってしまいます。
これを機に食習慣と生活習慣を見直して髪に良い環境を整えましょう。


B!